DAZNがJリーグの配信でトラブル!同じことは繰り返された…

DAZNでJリーグの配信が始まり、

実際に僕もJリーグ開幕戦を、

リアルタイムでライブ視聴をし、

DAZNを見る「ベストデバイス」は何かについて検証しました。

DAZNでJリーグの視聴方法のベストは何?実際にライブ視聴して検証してみた
いよいよJリーグが開幕しました。 Jリーグファンの方は、今までのスカパーと違い、基本的にはDAZNでの放送ということで、いろいろな思いがあると思います。 ...

Jリーグ開幕戦でも1番早い開始時間である、

「横浜VS浦和」を検証したのですが、

視聴には何の問題もなく、快適に見れました。

ですがその後、15時キックオフの、

「C大阪VS磐田」で17時過ぎから、

僕が以前から指摘していた、

DAZN名物の「DAZNクルクル問題」が発生しました(汗)

DAZNのサッカーの記事をまとめてみた!僕がDAZNを契約して退会するまで
DAZNがサービス開始してから、およそ1ヶ月が経過しました。 DAZNの動画視聴サービスについては、2016年8月末のサービス開始前から注目していて、常にDAZNの情報を...

そして、翌日26日の「G大阪VS甲府」では、

DAZNでそもそも試合自体が見れず、

Youtubeで配信する事になってしまいました。

そこで今回は、

DAZNがJリーグの配信でトラブルで、

僕が実際にライブ視聴していた状況と、

過去にも同じことが起きていたので、

その辺を考慮しつつ、DAZNのこれからについて考えてみます。

スポンサードリンク

DAZNのJリーグ配信トラブルの経緯

DAZNでのJリーグ配信のトラブルについて、

僕が体験したことを踏まえ、

何が起こったのか経緯を見てみます。

2月25日(土)

この日は、Jリーグ開幕戦で、

たくさんの試合が行われていました。

Jリーグ開幕戦でも1番早い開始時間である、

「横浜VS浦和」では、

特にトラブルもなく順調に視聴できていたので、

「DAZNもきちんと視聴できるようになったのだ」と思っていました。

DAZNでJリーグの視聴方法のベストは何?実際にライブ視聴して検証してみた
いよいよJリーグが開幕しました。 Jリーグファンの方は、今までのスカパーと違い、基本的にはDAZNでの放送ということで、いろいろな思いがあると思います。 ...

しかし、問題は17時ころに起こりました。

15時キックオフの、「C大阪VS磐田」で17時過ぎから、

試合が途切れたり、止まったりする状況に(汗)

僕が「DAZNクルクル問題」と言っているものです。

試合が分からないので、

急いでトップ画面に戻ったのですが、

DAZNクルクル状態・・・。

このDAZNクルクル状態って、

この後、どうなるかというと、

「インターネット回線の確認」というエラー表示になります。

(エラーコード10-22-003)

「僕が使っているインターネット回線に問題があるのでは?」

と思い、Wi-Fiの通信速度を調べてみるも、

17時24分の時点で「152Mbps」と超高速です。

他の動画配信サービスである、

Amazonプライムビデオを見ても何の問題も無いし、

「おかしいなー??」と思っていました。

試しに、16時スタートの「大宮VS川崎」を、

視聴してみましたが、同じくDAZNクルクル状態…。

PCで視聴していたのでiPadのDAZNアプリも起動し、

同時視聴してみたものの、

途切れ途切れで、止まりまくるし、

勝手に最初に戻って、ライブ視聴じゃなくなる状況でした。

感覚で言うと、「5秒に1回」くらいは止まり、

試合内容がまったく分からないという最悪な状態です。

これは絶対におかしいと思い、

ツイッターなどで調べてみると、

僕と同じ状況の方がたくさんいて、

試合を視聴できていない状況でした。

このことから、DAZN側に何らかの原因があると判明しました。

僕は2016年8月に契約していて、

同じようなことがあったのですが、

一切、DAZNからの情報がなく、泣き寝入りでした。

ですが、今回は、Jリーグ開幕戦で、

なおかつ問題が大きかったのか、

DAZNの「ヘルプページ」で公式の謝罪文が掲載されていました。

DAZNだと、このような文はすぐに消されてしまうので、

スマホで急いでキャプチャしたものが以下の画像です。

(実際に現在は見当たりません笑)

当日、2017年2月25日(土)の19時32分の時点では、

この謝罪文が確認することができました。

DAZNの公式ページのトップ画面に、

この謝罪文を載せるのではなく、

ヘルプページに載せるのがDAZNだったりします(汗)

この画像をよく見てほしいのですが、

「現在、問題は解決しています。

今後、このようなことがないよう…etc」

と書いてありますよね?

これが見事に裏切られます。。

2月26日(日)

初めに言っておきますが、

この日、僕は用事があり実際にライブ視聴はしていません。

でも、J1の試合は、

「G大阪VS甲府」だけなので、

また同じ事が起こるだろうなーと予想していました。

すると、やはり予想通り見れない状況だったらしく、

Twitterでは多くの嘆きが…。

…この辺にしておきますが、

ツイッター上ではたくさんの怒りや嘆きであふれていました(汗)

この時の「G大阪VS甲府」の時は、

なぜか、バレーボールのチャンネル押す仕様に…。

さらには、22時50分以降には、

J2全試合の見逃し放送が視聴できない状態だったみたいです。

なんかいろいろありすぎて、

Jリーグファンは大変だったと思います。

ここまでが、

DAZNのJリーグ開幕戦で起こったトラブルの経緯です。

全て事実なのでそのままお伝えしました。

(個人的にはDAZNは応援していますが…)

DAZNのJリーグ配信トラブルの対応

DAZNが前と変わったなーと思ったのは、

このような配信トラブルの後の対応です。

日本の視聴者数の多いJリーグが開幕したからか、

それとも、DAZN for docomoで、

DAZNとドコモが組んだからか分かりませんが、

「多少」ですが、良い方向に対応が変わったと思います。

DAZN for docomoの申し込み方法!さっそく契約してみた。
以前から注目していたDAZN…。 このブログでもDAZNのサービス開始前の、2016年7月から記事にしてきました。 その後、2016年8月末からDAZNのサービスが開始され...

代替放送

「G大阪VS甲府」は17時キックオフだったのですが、

DAZN側の問題で視聴できない状態でした。

その後・・・、

  • 18時30分→Goal.comでライブ配信
  • 20時28分→JリーグYouTube公式チャンネルで配信
  • 翌日2月27日0時45分→DAZNで配信

という措置を取りました。

同日の1時間半後ですが、

ライブ配信したことや、

Youtubeで配信したことは評価できると思います。

一番いいのは何も起こらないことですが、

Youtube配信に踏み切ったのは大きいですね。

(お金払っている人は不公平感を感じますが)

無料期間の提供や延長、dポイントの進呈

2017年3月2日に行われたDAZNの謝罪会見で、

無料期間の提供や延長、

DAZN for docomoの利用者に、

dポイントの進呈をするとの発表がありました。

また消されるといけないのでキャプチャしておきました(笑)

どういったものかというと…、

「DAZN」をご契約中のお客様で、2017年2月25日(土)~26日(日)に、
「DAZN」でコンテンツのご視聴操作をされたお客様への対応として2週間の無料期間をご提供
– 無料体験期間中のお客様:無料視聴期間を2週間延長させていただきます。月額料金をいただくまでさらに2週間無料でDAZNをご利用いただけます。
– 既に月額料金をお支払い中のお客様:ご利用期間を無料で2週間延長させていただきます。次回のお支払い日は現在設定されている日から2週間後となります。

参考:DAZN

DAZNの契約中であれば、

  • 無料体験期間→2週間延長
  • 月額料金課金→無料で2週間延長し課金

といったものになります。

また、DAZN for docomoの契約者であれば、

「DAZN for docomo」をご契約中のお客様への対応として、NTTドコモよりdポイント500ポイントを進呈
– 2017年2月25日(土)~26日(日)に、「DAZN for docomo」にログインしコンテンツのご視聴操作をされたお客様:dポイント500ポイントを進呈させて頂きます。(6ヶ月の期間限定ポイント。進呈時期については別途お知らせいたします。)

参考:ドコモ

6ヶ月の期間限定ポイント500ポイント進呈となっています。

DAZNのJリーグ配信トラブルと同じことが過去にも…

DAZNのJリーグで視聴トラブルで、

一部「まだ始まったばかりだから仕方ないよ」

みたいな声も聞かれましたが・・・。

2016年8月にDAZNに入っていた僕から言えば、

当初から同じ問題が起きています。

それはブンデスリーガ開幕戦、

土曜日の22時半キックオフという、

海外サッカーにしては日本人にも視聴しやすい時間にありました。

そして、その試合は、

「ドルトムントVSマインツ」。

香川真司選手VS武藤嘉紀選手という、

日本人なら見たいサッカーの試合です。

ドルトムントファンである僕は、

このブンデスリーガの開幕戦を、

オフシーズンから、もう何ヶ月も楽しみにしていました。

そして、その楽しみな開幕戦を、

DAZNで見た結果…、今回と同じ、

DAZN名物クルクル状態になってしまいました。

DAZNをテレビで視聴!ブンデス開幕戦を見て感じた問題点
オフシーズンを終えて、今か今かと待っていた、ドイツブンデスリーガがいよいよ開幕しました。 今シーズンのドルトムント開幕戦はなんと…、「ドルトムントVSマイン...

もうね…あり得なかったですよ。

めちゃくちゃ楽しみにしていましたから。

やっとブンデスリーガが開幕して、

楽しみが増えるなぁなんて思っていましたから。

まさに、今回のJリーグ開幕戦と同じことが、

過去、DAZNのサービスが開始された直後にもあったわけです。

その当時、何の謝罪もありませんでしたが、

今回は様々な対応が見られたので、

DAZNも少しは良くなっているのかな…とは思います。

ですが、2月26日分はYoutubeなどで対応したものの、

2月25日分は謝罪文も消しているようですし、

無かったことにしているように感じます。

だって、2月25日の夜に謝罪文で、

「現在、問題は解決しています。

今後、このようなことがないよう…etc」

と明記しているにも関わらず翌日にトラブルが起こっているし…。

2月26日分の「G大阪VS甲府」では謝罪会見をして、

  • 「複数試合によるアクセス集中によるものではない」
  • 「トラブルの根本原因は解明しており、完全に解決している」

と言っていますが、

今までのことから、僕の個人的な感想を言えば、

DAZNをまだ信用していません。

またアクセスが集中する試合だと、

停止してしまうことがあると思っています。

よって、DAZNの契約継続はしないと思います。

スポンサードリンク

DAZNがJリーグの配信でトラブルのまとめ

今回、DAZNのJリーグ配信でのトラブルについて、

記事にしました。

いろいろ書きましたが、

僕個人は、DAZNは応援もしていますし、

楽しみにしているサービスでもあります。

でも、今回の事を受けて、

今の段階では、まだ契約する段階ではないと判断しました。

ゲーム機の対応をするといって、

DAZNのサービス開始直後から、

PS3やPS4の対応を「もう間もなく」としていましたが、

結局、Jリーグ開幕に間に合わなかったし…。

ちなみにゲーム機対応はこのように変わっています。

DAZNサービス開始の2016年8月。

2016年末くらい。

2017年2月末。

なぜか今はXbox Oneで終わっています(汗)

「今まではDAZNっていい加減なサービスだな!」

って思っていました。

でも、今回の対応を見る限り、

少しは改善していると思うので、

今後のDAZNに期待しています。

DAZNの過去記事は以下から見れます。

DAZNのサービス開始直後の記事もあるので参考にしてみてください。

DAZNのサービス開始前の記事

DAZNのサービス開始直後の記事

DAZN for docomoが開始し大幅改善する前後の記事

DAZNの視聴方法

DAZNの視聴ならこの方法がオススメ!

今までは、

「DAZNはJリーグ開幕がターニングポイント」

と思っていましたが、

Jリーグが開幕してしまったので、

次は、1周年の2017年8月…。

ブンデスリーガ開幕戦がターニングポイントだと思います。

それまでにDAZNが、

何の問題もない素晴らしいサービスになっているのを期待しています。

スポンサードリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る