iPhoneのWalletアプリの使い方。ANA航空券をペーパーレス化してみた

AIRJAM2016の開催がいよいよ来週になってきました。

僕は宮崎に住んでいるのですが、

AIRJAMが開催される福岡までは飛行機を使って行きます。

AIRJAM 2016は九州ふっこう割が超お得!チケット無くても予約した理由
AIRJAM2016の開催が近づいていますが…何度もブログでお伝えしているように、現時点で、僕はチケットを持っていません。 11月から始まる「公式リセールサービス」や...

宮崎から福岡までは、

通常はバスで行くのが安いのですが、

今回はAIRJAMという最強のライブが9時間あるので、

疲れなどを考慮して、飛行機にしました。

AIRJAM当日は、会場に最小限の荷物しか持って行きたくありません。

9時間もライブあるし、

最小限のお金と必要なもの以外、持ち込まず、

身軽な荷物で参加しないと、9時間も耐えられないからです(笑)

AIRJAMのチケットも電子チケットを選択しているので、

紙など持ち歩かず、スマホ1つで会場に入れます。

AIR JAM 2016のチケットの引取方法は?スマホチケットで入場するまでを調べてみた
前回、AIRJAM2016のチケットに、ようやく当選した記事を書きました。 当選を知ったときから、かなり大興奮していて、AIRJAM当日がめちゃくちゃ楽しみです。 ...

AIRJAMのチケットが電子化されているので、

どうせなら、より身軽になるために、

ANAの航空券も電子化できないかなぁと思い調べてみました。

印刷して紙を持ち歩くのでは、邪魔でしかない!(汗)

最初に見つけたのは、「ANAマイレージクラブ会員」のIC機能を使う方法。

これだと確かに便利ですが、

僕のANAマイレージクラブ会員のICカードはスルガ銀行のカードです。

銀行のカードを持ってAIRJAMには行きたくないし、

そもそも、荷物になるのでカードすら持ち歩きたくありません(笑)

もっと身軽になれる方法はないか探してみると、

iPhone1つでANA航空券をペーパーレス化する方法を発見!

そこで今回はANA航空券のペーパーレス化のために、

iPhoneのWalletアプリの使い方を、

記事にしていきます。

AIRJAMにANAを使って行く方は、

iPhone1つで飛行機に乗れるので荷物が最小限で済みます。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

iPhoneのWalletアプリとは

今回、ANA航空券のペーパーレス化のために使用する、

iPhoneのWalletアプリですが、

最初に見た時は何の為に使うアプリか分かりませんでした。

標準アプリなので削除もできないし(笑)

でも、iPhoneのWalletアプリは、本場アメリカでは、

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • ショップカード
  • 搭乗券
  • 映画のチケット
  • クーポン
  • ポイントカード

などをまとめて管理でき、超便利なアプリです。

日本でも最近、ApplePayが導入され、

Wallet機能でSuicaやクレジットカードを登録でき、

電車に乗る際や、買い物の際も決済できるようになりました。

「Walletアプリ」という名称は、iOS9からで、

iOS6~iOS8までは「Passbook」という名称で使われていました。

iPhoneのWalletアプリに対応しているApp

iPhoneの標準アプリであるWalletアプリですが、

2016年12月現在、対応しているアプリは以下のものです。

  • ANA
  • 楽天トラベル
  • United Airlines
  • American Airlines
  • Fly Delta
  • MLB.com At Bat

以上です…。めちゃくちゃ少ないです(笑)

ほとんどの方のiPhoneのWalletアプリの使い方は、

最近導入されたApplePayを除くと、

ANAや楽天トラベルの航空券です。

AIRJAM2016のチケットもせっかく電子化されているので、

Walletアプリに登録しようとしましたが…できませんでした。

まだまだ対応appが少ない状況なので、

ApplePayを除いて、

iPhoneのWalletアプリは、

「航空券として使う」という認識でいいかと思います。

iPhoneのWalletアプリでANA航空券をペーパーレス化

では、いよいよiPhoneのWalletアプリを使い、

ANA航空券をペーパーレス化していきます。

SKiPサービスの利用

さっそくiPhoneのWalletアプリを使う前に、

ANA航空券のペーパーレス化のためにやっておくことがあります。

それは、ANA航空券が「予約・購入・座席指定後であること」です。

その後に、ANAのマイページで予約確認をし、

SKiPサービスのところに、

「SKiP」と表示されていればOKです。

SKiPサービスが使えれば、

iPhoneのWalletアプリを使い、

ANA航空券のペーパーレス化が可能です。

iPhoneのWalletアプリに対応している、

  1. 楽天トラベル
  2. ANA

それぞれのアプリでのWalletアプリに追加する方法を解説していきます。

楽天トラベルアプリ

楽天トラベルのアプリを立ち上げ、

1番右下の「予約確認」をタップ。

次に、楽パック予約の航空便を選択。

「旅行参加者情報」をタップ。

「座席情報・SKiPサービス」をタップ。

「Apple Walletに追加」をタップ。

電子化する航空券の内容を確認して右上の「追加」をタップ。

この際、iPhoneのWalletアプリに登録する航空券が、

往復などで2枚以上ある時はそれぞれ追加してください。

追加が完了すると、

iPhoneのWalletアプリに「パス」として航空券が表示されます。

飛行機に乗る際は、今から乗る飛行機をタップして、

表示される2次元バーコードを使えばOKです。

これで、ANAの航空券をペーパーレス化できました。

紙を持ち歩く必要がなく、

iPhoneだけで飛行機に乗れます。

ANAアプリ

今回は、楽天トラベルのANA楽パックの予約だったので、

楽天トラベルを使い、iPhoneのWalletアプリに登録しましたが、

ANAアプリもWalletに対応しているので、

やり方を解説しておきます。

ANAアプリを立ち上げ、「メニュー」をタップ。

「My Booking」をタップ。

今回は、国内線なので、国内線をタップ。

iPhoneのWalletアプリで電子化したい航空券をタップ。

「Walletに追加」をタップ。

以上で、ANAの航空券がペーパーレス化できます。

iPhoneのWalletアプリに登録する時間は、

  • 楽天トラベル
  • ANA

2つのアプリともに、

やり方さえわかっていれば、5分もかかりません。

たった5分で、

紙を印刷する手間や持ち歩く手間が省けるので、

めちゃくちゃ便利だと思います。

iPhoneのWalletアプリの当日の使い方

iPhoneのWalletアプリを使って、

どのように飛行機の乗るのか?

僕自身のメモのためにも(笑)

iPhoneのWalletアプリの当日の使い方を説明します。

2次元バーコードの準備

まずは、なんといっても、

iPhoneのWalletアプリに登録した2次元バーコードの準備です。

さきほど、登録作業をしたこれです。

飛行機に乗るまで、

この2次元バーコードだけで済んでしまいます。

iPhoneだけで飛行機に乗れるなんて便利な世の中になりました(笑)

預ける手荷物があれば2次元バーコード

飛行機に乗る前に、

預ける手荷物があれば手荷物カウンターに行きます。

その際は、印刷した紙などを見せるのではなく、

用意した2次元バーコードを提示すればOKです。

保安検査場で2次元バーコード

預ける手荷物が無ければ、

直接、保安検査場に向かいます。

その際も航空券ではなく、

用意した2次元バーコードで通過できます。

搭乗口で2次元バーコードで改札機を通過

最後に、飛行機に搭乗する際に、

搭乗口の改札機で用意した2次元バーコードで通過します。

後は、飛行機に乗るだけです(笑)

iPhoneのWalletアプリに登録してある、

2次元バーコードで全て完結することができます。

便利すぎる!

iPhoneのWalletアプリのメリット

iPhoneのWalletアプリに、

ANAの航空券を登録してペーパレス化することで、

「紙を印刷して持ち歩く必要が無い」というものの他に、

どんなものがあるか調べてみました。

メリットは、いろいろあると思いますが、

僕が1番のメリットだと思ったのはこれです。

ANAのサイトによると…、

ご予約便の欠航や遅延など、
運航状況や出発時刻に変更があった場合など、
Wallet上でお客様に通知いたします。

参照:ANA公式サイト

とのことでした。

飛行機に何度も乗っていると、

たまに遭遇するのが、出発時間の変更です。

僕は、東京に行く際に、

ANAの飛行機を利用するのですが、

天候の影響などで、出発時間が1時間遅れた…、

という経験をしたことがあります。

その時は、出発の30分前まで、

羽田空港の有料ラウンジにいて仕事をしていたのですが、

いざ、出発となってラウンジを出て、

飛行機の遅延を知り、1時間以上待つはめになりました。

出発時刻の遅延を知っていれば、

ラウンジでもっと仕事ができたのに、

大切な時間を無駄にしてしまいました。

iPhoneのWalletアプリに登録していれば、

出発時刻の遅延なども通知してくれるので、

今後は同じ経験をしなくて済みそうです。

もっと早く知りたかった(笑)

スポンサードリンク

iPhoneのWalletアプリの使い方のまとめ

今回、楽天トラベルで、ANA楽パックの予約をして、

「AIRJAMのライブにできるだけ身軽に行きたい!」

という思いから、ANA航空券のペーパレス化を調べました。

その結果、使い方をよく知らなかった、

iPhoneのWalletアプリの存在を知り、

めちゃくちゃ便利だということにビックリしました。

iPhoneのWalletアプリを使えば、

それだけで飛行機に乗れるので、

わざわざ紙を印刷して持ち歩く必要もありません。

これで、AIRJAMの会場に持っていく荷物も、

より少なくすることができました。

そもそもAIRJAMのチケットもペーパレス化されています。

AIR JAM 2016のチケットの引取方法は?スマホチケットで入場するまでを調べてみた
前回、AIRJAM2016のチケットに、ようやく当選した記事を書きました。 当選を知ったときから、かなり大興奮していて、AIRJAM当日がめちゃくちゃ楽しみです。 ...

僕は残念ながら、iPhone6なので、

最新型のAppleWatchを持っていないと使えないのですが、

最新機種のiPhone7以降であれば、

ApplePayがiPhoneだけで使えるので、

Suicaやクレジットカードを登録できます。

ということは、コンビニなどでの決済や、

電車やバスにもiPhoneだけで乗れるので、

現金を持ち歩く必要もないですね。

そうなれば、まさにiPhoneだけでAIRJAMに参加することもできてしまいます。

iPhoneは使いこなさないと、損ですね。

本当に便利な機能が多くてビックリです。

スポンサードリンク

あわせて読みたい

最後までお読みいただきありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る