LINEの登録方法!LINE登録を知られたくない場合は最初にここを外せ!

LINE使っていますか?

僕はもう数年以上LINEを使っていて、

それまでのメールのやりとりから、

チャット形式でやりとりするようになりました。

しかも、画像や動画も気軽に送りあえるので、

コミュニケーションツールとして便利になりました。

メールアドレスを使っていた頃は、

スマホを買い替えたりで、

ドコモからauにキャリアを変えたら、

メールアドレスも強制的に変更になっていましたからね…。

LINEであればそのような事も無くなりました。

今や日本中の人が使っているので、

コミュニケーションツールとして欠かせない存在です。

ですが、LINEは、

  • 個人情報の心配がある
  • メールアドレスでのやり取りが慣れている
  • 使いたくない

などの理由でLINEを使っていない方がいるのも事実です。

僕の友人の1人も、長い間、

「メールアドレスが1番」という感じでした(汗)

そんなメールアドレス1番の友人から突然、

LINEの登録方法を教えて欲しいと頼まれました。

周りの圧力には耐えられなかったみたいです(笑)

だって、みんなメールアドレスではなく、

LINE使っていますからね。

友人の条件として、LINEをしたくない人として

  • 会社の上司
  • 電話帳にはあるが連絡をとっていない人
  • 取引先の人

などなど、会社のビジネスでのお付き合いや、

長い間連絡を取っていない相手とは、

LINEではなくメールでやり取りしたいとのことでした。

そこで今回は、LINEを初めて使う方向けに、

LINEの登録方法と、

LINE登録を知られたくない場合に、

最初に外す設定方法があるので紹介していきます。

LINEで勝手に電話帳を登録され、

意図しない相手を友達に登録したくない方は参考にしてください。

僕としては、最初のLINEの登録で、

電話帳を登録するのは、

非常に危険な事でもあると思うので、

既にLINEを使っている方も読んでみるといいかも。

スポンサードリンク

LINEの登録方法

ではさっそくLINEの登録方法です。

LINEをダウンロード

まずはLINEをダウンロードします。

LINE

LINE
無料
posted with アプリーチ

友人はiPhoneなのでiPhoneで説明すると、

ダウンロードが完了するとこのような画面になります。

「開く」をタップして設定していきます。

LINE登録を知られたくない場合

ここからLINEの初期利用登録をしていきます。

「初期登録」をタップ。

LINEの登録方法として、

  • 電話番号
  • Facebook

の2つがあります。

電話番号が無い場合はFacebookアカウントを作成してください。

また、FacebookでLINE登録用のアカウントを作って、

LINEに電話番号を登録しない方法もありますが、

僕の友人はFacebookアカウントを持っていないので、

一般的な方法として電話番号で登録していきます。

LINEに電話番号は登録しますが、

これから説明するやり方であれば、

意図しない相手を友だちに追加しません。

自分の電話番号を入力します。

すると電話番号宛にSMSを送信する画面が出るので、

「OK」をタップ。

入力した電話番号にSMSが届きます。

iPhoneは「メッセージ」アプリで確認できます。

認証番号4桁が記載されているので確認してください。

その認証番号4桁をLINEに入力します。

その後、このような画面になります。

ここが非常に大事です。

LINE登録を意図しない相手に知られないためにも、

ここで設定していきましょう。

まず「名前」ですが、ビジネスではなく、

親しい友人とのやりとりをLINEでするのであれば、

本名である必要はないと思います。

むしろ本名よりも、ニックネームとか、

下の名前で漢字ではないものでもいいと思います。

そして画像にある、

  • 友だち自動追加
  • 友だちへの追加を許可

は必ずタップしてチェックマークを外してください。

この2つのチェックを外すことで、

意図しない相手の友だち追加を防げます。

もし忘れてしまった場合は、初期設定後、

LINE画面の右下の「その他」→右上の「歯車」(設定)→「友だち」。

で設定できます。

ですが、既に意図しない相手が、

友だちに追加されてしまっている場合は、

一旦、LINEアプリは削除して再度登録する方法もあります。

また、「LINEが連絡先へのアクセスを求めています」

という画面になったら「許可しない」にしてください。

これでLINEが連絡帳にアクセスできないので、

LINEの登録を知られずに済みます。

LINEの通知も許可が求められますが、

許可しないとメッセージの受信が分からないので「許可」でOKです。

トークの履歴のバックアップは、

必要であればやっておいてください。

このLINEの登録方法でこのような状態にできました。

友だちは「LINEの公式アカウントだけ」の状態です。

「知り合いかも」に表示されているのは、

電話番号でLINEに登録したためです。

ですが、

  • 友だち自動追加
  • 友だちへの追加を許可

のチェックマークを外しているおかげで、

友だち登録にはなっていません。

自分の名前も本名ではなく、

ニックネームなどになっていれば、

相手も誰だか分からないので安心です。

これで、LINE登録を知られずに済むので、

  • 会社の上司
  • 電話帳にはあるが連絡をとっていない人
  • 取引先の人

などなど、会社のビジネスでのお付き合いや、

長い間連絡を取っていない相手とは、

LINEではなく、今まで通り、

メールのやり取りで済ませることができます。

LINEの電話帳登録は危険?

LINEの電話帳登録は、最初に許可を求められますが、

僕は、「許可しない」設定にしています。

個人情報である電話番号と名前ですから、

やはり慎重になったほうがいいと思います。

また、携帯やスマホの電話番号って、

ずっと同じ人もいれば、変わる人もいますよね?

そこで知っておいて欲しい知識として、

前に使っていた電話番号は、

一定期間経過すると他の人の番号になります。

つまり・・・、

まったく知らない赤の他人の電話番号になるわけです。

ということは、電話帳のアクセスを許可にして、

LINEの電話帳へのアクセスがあり、

  • 友だち自動追加
  • 友だちへの追加を許可

をしてしまうと、自分がまったく知らない相手が、

自動でLINEの友だちに追加されてしまう可能性があります。

僕としてはこれは非常に危険だと思うので、

以下の2つの設定…、

  • 友だち自動追加
  • 友だちへの追加を許可

は必ずオフ設定にしておきましょう。

今からでもオフにしたい場合は、

LINE画面の右下の「その他」→右上の「歯車」(設定)→「友だち」。

で設定できます。

また、電話帳へのアクセスも許可しないにしておくのがベターです。

LINEは非常に便利なツールですが、

設定を間違えると、赤の他人とつながってしまう、

危険なツールにもなるので、

きちんと設定してLINEを利用していきましょう。

もし、既に意図しない相手を、

友だちに追加してしまって困っているのであれば、

トーク履歴や友だちなど全て消去になりますが、

一旦、LINEを削除して最初から設定する方法もあります。

意図しない相手をLINEの友だちにしないよう、

設定をきちんとするようにしてくださいね。

スポンサードリンク

LINEの登録方法のまとめ

今回、LINEの登録方法を解説しました。

LINEって便利ツールである反面、

意図しない相手も、

友だちに登録してしまうこともあります。

それを防ぐためにも最初の登録で、

  • 友だち自動追加
  • 友だちへの追加を許可

のチェックマークは外すようにしてください。

こうすることで、LINEの登録を知られたくない場合も対応できます。

僕の友人ですが、最初何も分からず、

LINEの登録をしてしまい、

  • 会社の上司
  • 電話帳にはあるが連絡をとっていない人
  • 取引先の人

が友だちに入ってしまい、とても困っていました。

そこで急いで一度、LINEアプリを削除してもらい、

今回の方法でLINEの登録をし直してもらうことで、

意図しない相手にLINE登録を知られずに済みました。

(相手には一度友だち登録されるが存在しないユーザーになり連絡がとれない)

ただ、今の状態だと、

LINEの公式アカウントだけしか、

友だちがいないのでLINEの意味がありません(笑)

なので、友だち追加の便利方法について解説してみました。

LINEの友達追加方法!この方法で知り合いだけを登録しよう
僕の友人で長い間、「メールアドレスが1番」という感じの、友人がいたのですが、周りの圧力に耐えられず、ついにLINEを始めた友人がいます。 LINEを始めるにあたっ...

LINEの友だち追加の方法は、

様々な方法がありますが、

僕が実際に使って、便利だったものを紹介しています。

今回の記事は、友人のために、

メモ書きとして書いたものですが、

初めてLINEを使う方も既にLINEを使っている方も、

参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る