3DスーパーブレードSの効果は?体重計を使って報告します

2018年の3月に、ドクターエアの、

3DスーパーブレードSに、

「乗るだけ」という運動を始めました。

毎日、運動できていますか? 生活習慣病の予防や健康維持のため、毎日の「適度な運動が必要」です。 でも、僕のように、 花粉症で外に出れない日がある 仕事の...

ドクターエアの3DスーパーブレードSは、

運動がなかなか続かなかった僕でも、

  • 毎年2月~3月の花粉症
  • 夏の猛暑
  • 冬の極寒

といった外のコンディションに、

左右されることがありません。

おかげで、完全に「自宅」で運動することができ、

しかも、乗るだけなので、毎日、継続できています。

そこで今回は、

3DスーパーブレードSの効果

があったのか、体重計を使い、

様々な数値を計測したので発表したいと思います。

僕自身の体重などを発表するので、

正直に言うと、少し恥ずかしいのですが、

3DスーパーブレードSの購入を検討している方は、

ぜひ参考にしてみてください。

3DスーパーブレードSの効果は?計測してみた

3DスーパーブレードSを使って、

どれだけ効果があるのか、実際に計測してみました。

僕の使い方は基本的に…、

  • テレビを見ながら、3DスーパーブレードSの1番外側に足を乗せて「15分×2」
  • 2回目のみエクササイズ用バンドを「5分間だけ」使う

という使い方です。

ドクターエアの3DスーパーブレードSの、

詳しい使い方については、この記事を参考にしてみてください。

毎日、運動できていますか? 生活習慣病の予防や健康維持のため、毎日の「適度な運動が必要」です。 でも、僕のように、 花粉症で外に出れない日がある 仕事の...

運動がなかなか続かず、面倒くさがりな僕でも、

  • 花粉症の時に外に出なくて済む
  • 梅雨の時期でも家の中で運動できる
  • 酷暑でもテレビを見ながら乗るだけ

ということが、3DスーパーブレードSであれば、

運動で大事な「継続性」を守ることができ、

毎日、運動することができました。

3DスーパーブレードSの効果ですが、

「ただ乗るだけ」という使い方ですが、それなりの結果がでました!

僕が利用している体重計で計測できる、

  1. 体重
  2. 体脂肪率
  3. 内臓脂肪レベル
  4. 骨格筋率
  5. 体年齢
  6. 基礎代謝量
  7. BMI

を、3DスーパーブレードSを、

「使う前」と、「毎日使った後」の数字を、

恥ずかしながら公開します。

実際に計測した時の、

体重計の写真も載せますので、「リアル」な数値です。

なお、僕は35歳男性、身長171cmで、

パソコンを使った仕事をしているので、

どちらかというと運動不足で、肥満気味です(汗)

以下の数字は、僕が使っている体重計の、

オムロンの「HBF-214」で計測した数字です。

この体重計の指標の解説については、こちらになっています。

(オムロンHBF-214説明書より転載)

上記指標を参考に数値を見ていきます。

体重

まずは、もっとも気になるであろう体重からです。

3DスーパーブレードSを使う前(2018年3月)

3DスーパーブレードSを使う前の体重はこちらです。

3DスーパーブレードSを使う前は「71.2kg」でした。

いやー、こうやって公開するのは、

なかなか恥ずかしいことですが、

参考になればと思い、公開しています(笑)

3ヶ月後(2018年6月現在)

3DスーパーブレードSを毎日使った、

3ヶ月後の体重はこちらです。

3DスーパーブレードSを3ヶ月使った結果、「69.8kg」でした!

71.2kg→69.8kgで「-1.4Kg」を達成しました。

「最近、顔が痩せたね」と、

言われることがあったのですが、

こうやって数字で出ると、嬉しいですね!

体脂肪率

体重のうち、体脂肪の重さが占める割合である体脂肪率。

男性の標準は「10.00〜19.9%」、

女性の標準は「20.00〜29.9%」と言われています。

体脂肪率の数値はこちらを参考にしてみてください。

3DスーパーブレードSを使う前(2018年3月)

3DスーパーブレードSを使う前の体脂肪率はこちらです。

3DスーパーブレードSを使う前は「23.8%」でした。

女性であれば標準の体脂肪率なのですが、

僕は男性なので、残念ながら「やや高い」です(汗)

3ヶ月後(2018年6月現在)

3DスーパーブレードSを毎日使った、

3ヶ月後の体脂肪率はこちらです。

3DスーパーブレードSを3ヶ月使った結果、「22.8%」でした!

23.8%→22.8%で「-1%」を達成しました。

体脂肪率の男性の標準は、

「上限が19.9%」なのですが、

1歩だけ標準に近づくことができました。

この調子で、標準の体脂肪率を目指します!

目指せ!「体脂肪率10%台」ですね。

内臓脂肪レベル

内臓のまわりについている脂肪面積の大小を、

オムロンのデーターに基づいてレベル化したものです。

内臓脂肪レベルが、

  • 1〜9→「標準」
  • 10〜14→「やや高い」
  • 15〜30→「高い」

とされています。(あくまでも目安)

内臓脂肪レベルの数値はこちらを参考にしてみてください。

3DスーパーブレードSを使う前(2018年3月)

3DスーパーブレードSを使う前の内臓脂肪レベルはこちらです。

3DスーパーブレードSを使う前は「内臓脂肪レベル8」でした。

一応、標準の内臓脂肪レベルですが、

標準の上限が「内臓脂肪レベル9」なのでギリギリです(汗)

3ヶ月後(2018年6月現在)

3DスーパーブレードSを毎日使った、

3ヶ月後の内臓脂肪レベルはこちらです。

3DスーパーブレードSを3ヶ月使った結果、「内臓脂肪レベル7」でした!

内臓脂肪レベル8→内臓脂肪レベル7で「-1%」を達成しました。

内臓脂肪レベルは、なるべく低いほうがいいので、

この調子で下げていきたいですね。

骨格筋率

体重のうち、骨格筋の重さが占める割合が骨格筋率です。

骨格筋は運動などで鍛えることで、

骨格筋率を増やすことができる筋肉です。

骨格筋率の標準は、

  • 男性→「32.9〜35.7%」
  • 女性→「25.9〜27.9%」

とされています。(オムロンのデータに基づく)

骨格筋率の数値はこちらを参考にしてみてください。

3DスーパーブレードSを使う前(2018年3月)

3DスーパーブレードSを使う前の骨格筋率はこちらです。

3DスーパーブレードSを使う前は「骨格筋率33.8%」でした。

骨格筋率は高ければ基礎代謝が増え、

痩せやすい体になるので、ぜひ上げていきたいものです。

3ヶ月後(2018年6月現在)

3DスーパーブレードSを毎日使った、3ヶ月後の骨格筋率はこちらです。

3DスーパーブレードSを3ヶ月使った結果、「骨格筋率35%」でした!

骨格筋率33.8%→骨格筋率35%で「+1.2%」を達成しました。

骨格筋率を上げることで、痩せ体質になるので、

この調子で筋肉量を増やしていきたいです。

体年齢

基礎代謝をもとに算出した体の年齢です。

体年齢が実年齢より上か下かで、

総合的な判断の目安になります。

ちなみに、僕の年齢は「今年で35歳」です。

3DスーパーブレードSを使う前(2018年3月)

3DスーパーブレードSを使う前の体年齢はこちらです。

3DスーパーブレードSを使う前は「体年齢37才」でした。

実年齢よりも上〜(汗)

いやー、最初これを知ったときはショックでした…。

体年齢は、せめて自分の年令と同じか、

できれば、だいぶ下がいいですよね。

3ヶ月後(2018年6月現在)

3DスーパーブレードSを毎日使った、3ヶ月後の骨格筋率はこちらです。

3DスーパーブレードSを3ヶ月使った結果、「体年齢35才」でした!

体年齢37才→体年齢35才で「-2才」を達成しました。

おぉ!ようやく実年齢と同じになりました。

もっと若い体になれるよう、これからも継続していかなきゃ!です。

基礎代謝量

基礎代謝とは生命維持に必要なエネルギーのことです。

何もしていなくても体温を維持したり、

内蔵を動かしたりするために消費し、

基礎代謝が高いと、痩せやすい体と言えます。

基礎代謝は通常10代がピークで、

年齢を重ねるごとに低下していきます。

目安となる基礎代謝基準値は、

  • 30〜49歳男性→基礎代謝量1,530kcal/日
  • 30〜49歳女性→基礎代謝量1,150kcal/日

とされています。

基礎代謝量の数値はこちらを参考にしてみてください。

3DスーパーブレードSを使う前(2018年3月)

3DスーパーブレードSを使う前の基礎代謝量はこちらです。

3DスーパーブレードSを使う前は「基礎代謝量1,631kcal」でした。

基礎代謝量だけは、最初からなかなかいいと思います(笑)

3ヶ月後(2018年6月現在)

3DスーパーブレードSを毎日使った、3ヶ月後の基礎代謝量はこちらです。

3DスーパーブレードSを3ヶ月使った結果、「基礎代謝量1,619kcal」でした。

1,631kcal→1,619kcalで「-12kcal」となってしまいました。

なぜか基礎代謝量が下がってしまいましたが、

わずかですので、気にしなくていいレベルだとは思います(笑)

基礎代謝量は多ければ、

何もしなくてもエネルギー消費をしてくれるので、

きちんと上げていきたいですね。

BMI

BMIとは、肥満度を判定する国際的な基準で、

理想体重は「BMI 22」のときです。

BMIは、

「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」で求められます。

3DスーパーブレードSを使う前(2018年3月)

3DスーパーブレードSを使う前のBMIはこちらです。

3DスーパーブレードSを使う前は「BMI 24.2」でした。

BMIの理想体重は「BMI 22」なので少し上ですね…。

3ヶ月後(2018年6月現在)

3DスーパーブレードSを毎日使った、3ヶ月後のBMIはこちらです。

3DスーパーブレードSを3ヶ月使った結果、「BMI 23.7」でした。

BMI 24.2→BMI 23.7で「-0.5」を達成しました。

BMIの理想体重は「BMI 22」に近づくことができました。

3DスーパーブレードSの効果のまとめ

3DスーパーブレードSを使った、

結果をまとめると、このようになりました。

()内の数値は、赤色→健康に良い変化、青色→健康に悪い変化。

使用前 3ヶ月後
体重(kg) 71.2 69.8(-1.4)
体脂肪率(%) 23.8 22.8(-1)
内臓脂肪レベル 8 7(-1)
骨格筋率(%) 33.8 35.0(+1.2)
体年齢(才) 37 35(-2)
基礎代謝量(kcal) 1,631 1,619(-12)
BMI 24.2 23.7(-0.5)

総じて、3DスーパーブレードSを使うことで、

健康になっていっている数値になっています。

3DスーパーブレードSは「乗るだけ」で運動でき、

運動で大事な「継続性」が気軽に達成できます。

運動効果には個人差があるとは思いますが、

僕の実体験ですので、参考にしてみてください。

今回は3ヶ月後の計測でしたが、

今度は6ヶ月後の計測もしてみたいと思います。

また、この記事で追記するので、

参考にしてみてください。

3DスーパーブレードSを購入するのであれば、

楽天やAmazonでも購入できますが、

  • 類似品の心配がない「製造元」での販売
  • 「ヨガマット」のプレゼント
  • 送料無料

など、公式サイトだけの特典があるので、

3DスーパーブレードSの購入は「公式サイト」がおすすめです。

3DスーパーブレードSの、

公式サイトで購入はこちらからどうぞ。

3DスーパーブレードSの公式サイトはこちらをクリック

ドクターエアの記事はこちらです。

【参考】このブログのドクターエア関連全記事はこちらをクリック

ドクターエア関連記事ピックアップ記事

  • 自宅で機械に乗るだけでラクに運動できる商品

毎日、運動できていますか? 生活習慣病の予防や健康維持のため、毎日の「適度な運動が必要」です。 でも、僕のように、 花粉症で外に出れない日がある 仕事の...

  • 3DスーパーブレードSの効果はいかに!数値で発表!

2018年の3月に、ドクターエアの、3DスーパーブレードSに、「乗るだけ」という運動を始めました。 ドクターエアの3DスーパーブレードSは、運動がなかなか続かなかった...

  • ドクターエアが故障してしまった話

ドクターエアって知っていますか? 僕はかなりの腰痛持ちで、事務所にマッサージチェアを置きたいなぁー、と思っていたのですが、この商品がマッサージチェアに革...

  • ドクターエアのアフターフォローが神対応だった

仕事がパソコンを使った仕事なので、腰痛持ちの僕にとって、とても重宝していたドクターエア。 それが故障してしまい、しかもそれが1年保証で、故障したのが1年1ヶ...

  • 旅先にはもってこい!持ち運びできるマッサージ機

旅行に行った時に足がパンパンで疲れた…、と感じることはありませんか? 僕は、国内旅行が好きで、飛行機に乗って、電車を使って移動するのですが、田舎で生活して...

最後までお読みいただきありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

関連記事はこちら

トップへ戻る