Offzonの使い方!アマゾンの90%オフのお買い得品を即検索できる超便利サイト

Amazonってものすごく便利ですよね?

Amazonアプリios

僕は田舎に住んでいるので、昔は家電製品を買おうと思ったら、

数時間かけて街に出て、そこで検討するということをしていました。

そこで検討して、結局買わずに数時間かけて帰って、

やっぱり欲しくなってまた、数時間かけて街で買う・・・。

昔はこれが当たり前でした。

でも、Amazonを使うようになってからものすごく便利になりました。

家から一歩も出ずに商品を検討できるようになったし、

重たいものでも家まで運んでくれます。

そして、何より安い!

街の家電量販店よりも安いのでものすごく便利です。

そんな、通常の時でも安いAmazonでもさらに安い、

90%オフという割引率の高い商品を検索する方法があります。

それはOffzonというサービスです。

今回は、そんなAmazonでさらにお安く買う方法を紹介します。

スポンサードリンク

Offzonとは?

Amazonの90%オフのお買い得品を検索できるサイトが、

Offzonです。

Offzon

Googleのようなインターフェイスで分かりやすく簡単に使えます。

商品ジャンルを選んで、知りたい割引率を指定するだけで、

Amazonの割引率の高い商品を手軽に検索できます。

Offzonを使えば、Amazonのお買い得品がすぐに発見できるので便利です。

Offzonの使い方

それでは、実際にOffzonの使い方を解説します。

まずは、Offzonのサイトにアクセスしてください。

Offzon検索画面

①ジャンルを決める

まずは、検索したいジャンルを決めましょう。

Offzon使い方01

本、DVD、家電&カメラ、家電製品、コスメなどなど。

自分の検索したいジャンルを選択してください。

もしも、Amazon全体で割引率の高い商品を検索したいのであれば、

「全商品から」でもOKです。

ここでは、スマホのケーブルについて調べたかったので、

「パソコン・周辺機器から」を選択しました。

②割引率を決める

次に、自分の調べたい割引率を選んで下さい。

Offzon使い方02

10%オフから99%オフまで選択できます。

特に指定がない場合は「割引指定無しで」でも大丈夫です。

でも、このサイトを使う理由は割引されている商品を選ぶことなので、

割引率は指定してくださいね(笑)

ここでは、スマホのケーブルの中でも割引率が高く安いものが欲しかったので、

「90%オフ以上で」を指定しました。

③必要であればキーワードを入れて絞り込む

最後にキーワードを入力して絞り込みます。

Offzon使い方03

ここでは、最初に選んだジャンルの割引率を調べたいだけであれば、

入力する必要はありません。

キーワードを入力するのは、キーワードで絞り込むためです。

ここでは、スマホのケーブルが知りたいので、

「スマホ」と入力しました。

ここまで指定したら、「Amazonから検索」をクリックしてください。

すると、Amazonのサイトに飛んで検索結果が表示されます。

Amazonの検索条件のところに、

パソコン・周辺機器ストア:90%OFF以上:”スマホ”」と表示されています。

Offzonで指定した通りの検索条件になっていますね。

Offzon使い方04

実際に90%オフになっているか確認するため、左上の商品を調べてみます。

Offzon使い方05

きちんと90%オフになっていますね。

このように、Offzonを使えば、簡単に割引率の高い商品を調べることができます。

Offzonが使えない場合のアマゾンの裏技

Offzonは便利なサービスなのですがAmazonの公式サイトではないため、

もしかすると使えなくなったり、不具合があることがあるかもしれません。

そんな場合は、Amazonでも同じことができます。

AmazonでもOffzonと同じように検索するためのやり方をお伝えします。

①アマゾンの検索画面で調べたい商品のキーワードを入力する

まずは、Amazonのトップページで検索したいキーワードを入力してください。

Offzonが使えない場合のアマゾンの裏技01

ここでは、さっきOffzonで調べた商品と同じ商品を検索するために、

「スマホ ケーブル」と入力しました。

②検索結果が表示

検索をすると検索結果が表示されます。

Offzonが使えない場合のアマゾンの裏技02

今の状態は、Amazonで「スマホ ケーブル」で検索しただけの検索結果です。

③検索結果のURLを確認

この検索結果から、90%オフの商品を探すために、

今の検索結果のURLを確認します。

現在のURLは、

https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_2?__mk_ja_JP=

%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%

8A&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%

E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B%E3%80%80%

E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB

です。

④URLの末尾に割引率を付け加える

その後に、割引したい割引率を付け加えます。

割引率の指定方法はURLの最後に

50%オフ &pct-off=50-
90%オフ &pct-off=90-
30%~80%オフ &pct-off=30-80

「&pct-off=〇〇-」と割引率の数字を指定します。

この数字は1~99まで指定可能で、1~99%の商品検索ができます。

ここでは、90%オフのスマホケーブルが知りたいので、

&pct-off=90-」を先ほどのURLの末尾に付け加えます。

https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_2?__mk_ja_JP=

%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%

8A&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%

E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B%E3%80%80%

E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB

&pct-off=90-

そうすると、最初にOffzonで調べたスマホケーブルが表示されます。

Offzonが使えない場合のアマゾンの裏技03

OffzonやAmazonの割引率を付け加えた検索での注意点

OffzonやAmazonを使って割引率を調べて、

割引率の高い商品を検索できるのは便利ですが注意点があります。

それは、マーケットプレイスの商品も検索対象結果になってしまうことです。

マーケットプレイスとは、

個人で出品していたり、他の業者が販売している商品のことです。

いわゆるせどらーの商品や新品を扱う大手の業者さんなどです。

Amazon以外の出品者ということですね。

Amazonよりも安く買えたり、レア物を買えたりで便利なマーケットプレイスなのですが、

OffzonやAmazonを使って割引率を調べる方法だと、送料が余計にかかることがあります。

Amazonの商品は2,000円以上は送料無料になりますが、

マーケットプレイスは個人で送料を決めている場合もあるため、

購入する際は注意するようにしてください。

めちゃくちゃ高い割引率で買ったはずなのに、

送料が思ったよりも高く、そんなに安く無かった・・・なんてことがないように注意です。

スポンサードリンク

Offzonのまとめ

Offzonは使いやすく割引率の高い商品を見つけるのに便利です。

90%オフの商品や中には95%オフの商品も探すことができます。

Amazonでも同様の検索ができますが、

手間が多いので、できるだけOffzonが使えればOffzonで検索するのがオススメです。

でも、もっと人気の商品。

例えば、AppleのMacBook Airなどの人気商品を狙うのであれば、

Amazonの大型セールがオススメです。

そんなお得なAmazonの大型セールについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

Amazonプライムセールの時期と情報!お得価格でゲット
Amazonは季節やイベント事に定期的に大きなセールをします。そこでは、値引きされない人気商品が半額になったり、いつもは買えないようなものもお得な価格で購入するこ...

リアルの家電量販店でもネットでも割引されないApple製品が半額で買えたりします。

また毎日更新されるタイムセールもあります。

ここもチェックしておくとかなり安くAmazonで買い物ができます。

Amazonタイムセールの通知の方法 開始時間はいつ?
Amazonタイムセールは、数量と期間限定のタイムセールで、毎日更新される知る人ぞ知るAmazonのお得な使い方の1つです。お得な商品が豊富にそろっていて、Amazonを使うの...

今回紹介したOffzonでは、

90%オフの商品を見つけても、

購入する際、送料が高くつかないか最終チェックをするようにしましょう。

注意点に気をつけて、Offzonを使っていけば、

90%オフの商品を買うことができるのでおトクに買い物ができます。

ぜひ使いこなしていきましょう。

スポンサードリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る