ロジクールのbluetoothのマウスはトラックボールが最強だった!WiressTrackballM570tレビュー

先日Amazonプライムデーに参加しました。

いろいろな物が安く、

またGT-Rや芸人のプライムナウなど、

今までに無いセールで参加しているだけで、

楽しかったセールでした。

その時のまとめは記事にしているので、

参考にしてください。

Amazonプライムデー2016のまとめ!参加して分かったMacBookの競争率
年に1度だけ。たった1日の0時~23時59分まで行われた、Amazonプライム会員向けのセール。Amazonプライムデー2016に参加しました。 このセールは0時から1時間おきに...

Amazonプライムデーに参加して、

購入したものの1つ、

ロジクールのbluetoothのマウスが届いたので、

さっそくレビューしていきたいと思います。

ロジクールのマウスはBluetoothなので、

無線接続ができます。

ですが今まで使っていたマウスも、

バッファローのBluetoothのマウスだったので、

特に変わりはありません。

僕が今回Amazonプライムデーで、

購入しようと思った理由は、

トラッキングボールがついていたからです。

前々から気になっていたんです。

あのマウスの丸いやつ(笑)

買った結果、ロジクールのマウスは、

超絶便利すぎました!

WiressTrackballM570tレビュー

Amazonプライムデーで購入して、

2日後にはロジクールのマウスが到着しました。

Amazonプライムデー到着日

僕が住んでいる場所は九州なので、

Amazonの配達スピードにはいつも驚きます。

今回商品を届けてくれたヤマト運輸の伝票には、

「必着」と書いてあったので、

Amazonの「お急ぎ便」の効果ですね。

Amazonのプライム会員は、

僕のように田舎に住んでいても、

すぐに届く「お急ぎ便」が無料で使えるので便利です。

Amazonプライム会員だけの7つのメリットと年会費は?
Amazonプライムって知っていますか?Amazonプライムとは、年会費を払うことで、Amazonの様々なサービスを受けられるものです。 有名なものだと、Amazonで商品を購...

Amazonプライムデーでは、

他にも商品を購入したのですが、

ロジクールのbluetoothのマウスだけ、

先に届けてくれたようです。

WiressTrackballM570tレビュー1

早速、開封してみました。

WiressTrackballM570tレビュー2

梱包の仕方はさすがAmazon。

雨に濡れても大丈夫なようにビニールに包まれて、

しっかりと固定されていました。

Amazonで購入する理由の1つは、

この梱包に対する安心感です。

WiressTrackballM570tの箱の正面。

WiressTrackballM570tレビュー3

裏側。

WiressTrackballM570tレビュー4

箱の下側には、

対応するOSなどが書かれていました。

2016-07-21_012714948_6FCFA_iOS

WiressTrackballM570tは、

  • windows10
  • windows8
  • windows7
  • Mac

に対応しています。

unifyingにも対応しているみたいなので、

ロジクールのキーボードで無線を使っている場合、

併用することが可能です。

またロジクールのマウスは3年間保証です。

WiressTrackballM570tレビュー6

海外のPC製品はそうでもないのですが、

電化製品で苦い思いをしてきた僕にとって、

長期の保証は助かります。

ダイソンの掃除機やドクターエアが、

1年で壊れたのにはかなり困惑しました。

ダイソンの掃除機修理依頼と電話番号!ダイソンが1年半で壊れた件
ダイソンの掃除機がいきなり壊れました。充電方式のコードレスハンディクリーナーで、車の掃除やふとんの掃除機としてかなり気に入っていました。 通常、普通充電...

ドクターエアが故障した!1年保証でやばかった件
ドクターエアって知っていますか? 僕はかなりの腰痛持ちで、事務所にマッサージチェアを置きたいなぁー、と思っていたのですが、この商品がマッサージチェアに革...

以前は国内家電製品ばかり買っている時は、

故障することがほとんどなかったので、

保証書は持っておかなかい事がほとんどでした。

しかし、最近の海外の家電製品は、

耐久性に大きな疑問を持っているので、

保証書は必ず保管するようにしています。

WiressTrackballM570tを開封してみた

ではここからが本題。

さっそくWiressTrackballM570tを開封してみました。

内容物は本体とBluetoothレシーバー。

WiressTrackballM570tを開封してみた1

そして説明書と保証書の紙でした。

WiressTrackballM570tを開封してみた2

説明書(というか絵笑)に沿って、

使う準備をしていきます。

WiressTrackballM570tを開封してみた3

WiressTrackballM570tのマウスを裏返すと、

矢印がついていました。

おそらく絶縁体で、

新品購入時の電池の消耗を減らしているんだと思います。

WiressTrackballM570tを開封してみた4

こういう気遣いは嬉しいですね。

この絶縁体を引いてみると、

きちんと新品の電池が付属していました。

WiressTrackballM570tを開封してみた5

すぐに使えるのでこういう気遣いは嬉しいですね。

ここまで準備してマウスを見た感想・・・。

「マウスでかっ!!!」

これが正直な感想でした。

なんか今まで使っていたマウスの倍は大きく見えます。

ロジクールのbluetoothのマウスを実際に使ってみた

説明書通りに進めて、

さっそくマウスの電源を入れ、

BluetoothレシーバーをUSBに差し込んでみました。

するとドライバーインストール。

ロジクールマウス

その後すぐに使えるようになりました。

実際に使ってみた感想は

  • マウスを動かしても反応しない
  • マウスは全てトラックボールで移動する仕様
  • ページを「戻る」と「進む」ボタンがある
  • マウスを一切動かさずに作業ができる
  • トラックボールに慣れるには時間がかかるかも

という感想でした。

WiressTrackballM570tの機能を説明すると、

左側のボールがトラックボールで、

マウスを動かすものです。

マウス自体を動かしてもカーソルの移動はしません。

これがスーパー便利!というか便利すぎる!!

マウス移動しなくて済むので、

作業場が少なくても関係ないです。

マウス置いたまま全てができます。

例えると、このマウスは基地と呼ぶにふさわしい(笑)

WiressTrackballM570tを開封してみた1

真ん中のボタンの上が「進む」。

下が「戻る」です。

後は普通のマウスと同じです。

トラックボールの移動に若干慣れが必要なものの、

マウス1つで全てをこなせるのは、

超スーパー便利です。

また、Bluetoothが途切れることもないので、

前のマウスとは大違いです。

後はトラックボールに慣れれば、

マウスを一切動かさずに作業ができるので最強です。

現在この記事を書いている時も、

このWiressTrackballM570tを使っていますが、

マウスだけで操作できるのでかなり楽になりました。

トラックボールも少し使ったら、

徐々にですが慣れていきます(笑)

ロジクールとバッファローのbluetoothのマウスを比較

ロジクールのbluetoothのマウスに、

ものすごく感動したところで、

今まで使っていたマウスと比較してみたいと思います。

僕が今まで使っていたのは、

バッファローのこの商品です。

価格.comでもマウスランキング1位だったので、

それまで使っていたロジクールのマウスから、

交代しました。

それまで使っていたロジクールのマウスは、

不満は無かったのですがスイッチが壊れてしまい、

使用不能になってしまったため買い換えました。

バッファローのマウスはまだ購入して数ヶ月ですが、

このマウスは途切れることが多々ありました。

無線なので仕方ないかもしれないのですが、

途切れる頻度が多かったのでかなりの不満だったのです。

そんな中、Amazonプライムセールで、

トラックボールのマウスが特価で、

しかも気に入っていたロジクールだったので購入しました。

せっかくなので2つのマウスを比較します。

2つのマウスを並べてみました。

ロジクールとバッファローのbluetoothマウスを比較1

今回購入した、

WiressTrackballM570tのマウスの方が、

1.5倍くらいの大きさです。

次にWiressTrackballM570tをマウスパッドにのせてみました。

ロジクールとバッファローのbluetoothマウスを比較2

うーむでかい!(笑)

次に今まで使っていたバッファローマウスを、

マウスパッドにのせみてました。

ロジクールとバッファローのbluetoothマウスを比較3

先ほどの、WiressTrackballM570tと比べると、

マウスパッドでの可動領域がまったく違いますね。

でも、WiressTrackballM570tであれば、

そもそもマウスを動かす必要がないので、

マウスパッドの可動領域は気にする必要がありません。

マウスをまったく動かさずに済むので、

マウスを動かせないような場合でも、

ロジクールのbluetoothのマウスであれば、

安心して使えますね。

トラックボール最高です!

ロジクールのbluetoothのマウスのまとめ

今回Amazonのプライムセールで、

ロジクールのbluetoothのマウスを購入しました。

初めてのトラックボールということで、

少々不安もありましたが、

実際に使ってみて、買って正解だったと思います。

何よりマウスを動かさずに出来ることが多い!

これの満足度が高いです。

前に使っていたバッファローのマウスは、

Bluetoothが途切れることも多く、

カーソルが途切れてストレスが多い商品でした。

今回のロジクールのマウスは、

Bluetoothも安定しているし、

何よりマウス1つでいろいろできます。

その結果、かなりの時間短縮も可能になります。

「戻る」ボタンを押すために、

わざわざ左上までカーソルを持っていって…

ということをしなくて済むのです。

マウスのボタンをクリックするだけで、

「戻る」ができてしまいます。

トラックボールは確かに慣れが必要ですが、

マウスを動かさずに作業ができるので、

途切れるストレスも無くなり、

「マジ便利!」の一言です。

ロジクールのマウスのBluetoothである、

トラックボールマウス。

オススメです。

「なぜ今まで知らずに使ってこなかったのだろう…」

と後悔するレベルで便利な商品でした。

最後までお読みいただきありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る